へこたれないこと! 〜大企業内でのコミュニケーション〜

こんにちは。 大企業の若手が新団体設立!? 先日、以下のようなニュースがNHKで流れたようです。 www3.nhk.or.jp この団体の発起人として関与した方のうち何人かを知っている事もあり、こういった動きは非常に歓迎できる事であり応援したいと思います。 僕…

成長確認の場 〜「伝説の」プロジェクト同窓会〜

こんにちは。 自称「伝説の”人材輩出”プロジェクト」 約20年前、北関東のある町で、伝説のプロジェクトがありました。当時僕が所属していた某社のプロジェクトで、すこしずつ入れ替わりつつ30〜40名程度の若者が関与していました。クライアントである経営者…

男女混成チームがハイパフォーマンス 〜特許も五輪競泳代表も〜

こんにちは。 先日あるレポートの説明を受ける機会がありました。 男女混合チームの特許はレベルが高い!? 以下のリンクにある、日本政策投資銀行の餅友佳里さんが作られた「女性の活躍は企業パフォーマンスを向上させる~特許からみたダイバーシティの経済…

夏休みの自由研究 〜4週連続の週休3日トライアル〜 

こんにちは。 夏休みの自由研究 夏休みですね。僕は今年の夏は、まとまった休暇をとるのではなく、週に一日休暇を取得して週3日を4週連続で過ごしてみる、という実験をしてみました。 この実験をするにあたり深ーい理由があった・・・わけではなく、普段、特…

釣り、ゴルフ、スキー ~ビギナーへのサポートが暖かい~

こんにちは。 40の手習い 40歳代を迎えて3年近く経ちますが40の手習い的に、新しくやってみたものがあります。 釣り、ゴルフ、スキーです。 どれも周りには愛好家は多かったですし、興味が無かったわけではないのですが、あえて一歩踏み入れずにいました。 …

目的不合理なルール 〜典型的な日本の大企業〜

こんにちは。 「大企業病」に関する印象的なブログ しばらく前に以下のようなブログが回ってきました。非常に興味深い内容でしたので一気に読んでしまいました。皆さんもお時間があれば是非どうぞ。 tsukuruiroiro.hatenablog.comこのブログのポイントは、 …

ご意見ください! 〜「人材の流動化」「新卒一括採用廃止」「副業禁止の禁止」〜

こんにちは。 最近、いろいろな人たちと議論していて、本稿のテーマである「ホワイトカラーの仕事の効率化」の実現にむけ解決すべき具体的なテーマが、幾つか具体的になってきたな、と思い始めました。 とはいえ、一人で考えていても発展は無いので、ぜひ本…

重慶飯店麻布賓館での会食 〜ヒエラルキーの媚薬〜

こんにちは。 会食後のひとこと 大変お世話になっている出版社ディスカヴァー21の干場社長と会食した後のことです。後日SNSに会食の写真とともに上がっていたコメントの中で印象深く、どうしてもココロに引っかかる一言が掲載されていたので、それについて考…

『プロダクトアウト』 〜最近はポジティブ文脈〜

こんにちは。 最近、立て続けに「プロダクトアウト」という使い古された言葉について議論する機会がありました。 『ソリューション型』はもう旧い? 20世紀末から今世紀の最初の頃まで「プロダクトアウト」というと、ネガティブコノテーションで語られた時期…

年間目標、中間振り返り 〜苦しみましたがOn Trackです〜

こんにちは。今年も、あれよあれよという間に半年が過ぎました。 年初にIBM帰任の報告とともに、年間目標を立てたので、その振り返りをしたいと思います。 1) ワーク(所属会社):年間ターゲット達成 これについては、ON Trackです。偶然も重なりつつも前半の…

皆既日食 〜新しい「気付き」「発見」のイメージ〜

こんにちは。 今年、初めてグロービスの「あすか会議」に参加者としてフルアテンドしました。 あすか会議とは あすか会議は、ダボス会議をヒントに開催されている会議で、各界(ビジネス、学術、文化、芸術、思想、行政、冒険など)で活躍する人たちが集って…

警察に「赤信号をわたっていいですか?」と聞いて許可が下りるか。(やってみたわけではありません)

こんにちは。 問題解決こそが仕事 何か物事をすすめるときは、思った通りに行かないというのはつきものです。 ホワイトカラーの仕事のうち、価値あるものの大半は何か問題が発生した時にそれを解決することでしょう。マニュアル通りやっていればいいのであれ…

経験が通じない事もある、という事を知るのも経験 〜過去の経験と新規チャレンジ〜

こんにちは。 実は最近、仕事の関係でいくつか全く新しい経験をしました。 それをきっかけに関連して考えた事をコメントしてみようと思います。 チャレンジする事のリスク 「常にチャレンジし続けること」というのはキャリア上肯定される事が多い事です。 一…

「素案」の価値 〜StrawmanとStraw man〜

こんにちは。 気の持ちようで苦行も楽しくなる!? 最近思う事があります。物事を前に進めるための素案の意義や価値です。 大きな組織にいると、ついつい感覚がいわゆる「官僚的」になるのか、何か新しい事をやることが自分の仕事に思えなかったりします。 決…

みんなのリーダーシップ考 〜ちきりんの結構前のブログに刺激され〜

こんにちは。 全ての人にリーダーシップは求められる 先週あたりに、ちきりんさんの5年前のブログがなんでか知らないけどタイムラインに複数流れてきました。 以前も読んだ記憶があるけれど、改めて読んでみると僕の考え方と似てるな、と思いました。 d.hate…

24歳の若造と侮ることなかれ 〜高橋みなみ著『リーダー論』〜

こんにちは。 アイドルが書いた本を読みました 実は、仕事の関係ですすめられて、元AKB48の高橋みなみさんの『リーダー論』を読みました。 アイドルについてコメントする事は、僕自身が目指すキャラとのギャップがあり、またかなり誤解を受けるリスクがある…

ドーキ。刺激をしあえる同級生 〜再登場。(元)ケイコ先生〜

こんにちは。 ゲキバカ「ごんべい」観劇! 今日は、友人の陣中見舞いに、東京芸術劇場まで観劇に行ってきました。 見た演劇はこちら。 gekibaka.com 友人というのは、学生時代の同級生で今は関西を中心に浪曲師として活躍する、春野恵子さん。電波少年のケイ…

難しいを簡単に 〜理論と現場をつなぐビジネスエンターテイメント〜

こんにちは。 今週も、先週に引き続き読んだ本について書きたいと思います。 ビジネスエンターテイメント 今回読んだのは、IBMの先輩でもあり、著者としても先輩であり、僕のキャリア相談にも乗って頂いたりしている永井孝尚さんの最新著作『そうだ、星を売…

タイトルに衝撃 〜新たな視点を得たGW読書〜

こんにちは。 衝撃のタイトルの本 ここ数週間で印象に残る書籍を読みましたので、その一冊について書いてみたいと思います。 ホワイトカラーにとって読書をするというのは、新しい価値を生み出すために必要な食事のようなものかもしれないと思います。 拙著…

副業奨励その② 〜追い風が吹いてきた!?副業禁止の「禁止」論〜

こんにちは。 副業禁止を禁止する 2ヶ月ほど前、ロート製薬の副業奨励に関するニュースに絡めて僕の副業(パラレルキャリア)に関する考え方を書いた事がありました。 eitarokono.hatenablog.com そしてつい先週、サイボウズの青野社長が、「副業禁止」の禁…

無くせ!「空中に消えるコメント」 〜議論は前に進めるためのもの〜

こんにちは。 チームワーク=コミュニケーション チームで仕事をする意義は皆で新しい価値を創り出す事にあると思います。 一人では分量的に無理なことを皆で協力してやったり、領域的にカバーできないから得意分野のちがう人が集まって何かを作ったり。 そ…

理念の大切さ 〜熊本のブランドのネクタイ〜

こんにちは。 ここ最近、改めて組織の理念の大切さを考えさせられる事がありました。 日本の技術を世界に売るブランド 先週、突然妻が、ネクタイを買ってくれました。きっかけはご存知テレビ東京のカンブリア宮殿を見て、銀座にあるファクトリエのお店に行っ…

もと水泳選手として 〜究極の個人競技か?〜

こんにちは。 水泳の強みとは 日本水泳界の偉大なスーパースター北島康介さんが現役を引退されたニュースはご存知の通りです。 この日本選手権兼オリンピック選考会期間中は個人的には、記録は遠く及ばないとはいえ。人生のうちの数年間ではあったけれど水泳…

Nice to e-meet you 〜今どき?の英語表現〜

こんにちは 英語がとても得意です、というわけではありませんが、最近は仕事柄色んな国の人々と英語でやり取りをします。 その中で、新鮮だな、今時だな、と思った英語表現がありました。 Nice to e-meet you あるベトナムの方とのやり取りで先方から投げら…

「ストレスは水溶性」論 〜たまったものは水(お湯)に流す〜

こんにちは。 週末スイマー 僕は生まれは岐阜県で海から遠いところで育ちました。ですが、小学校4年生の時からスイミングスクールに入り、以来30年以上定期的に泳ぎ続けています。 今でも、週に1-2回(といっても週末だけですが)プールに行きます。今週末も…

「我が社には会議はありません」「フランス人は肩こらない」〜(またまた)異文化間の認識相違〜

こんにちは。 異文化との接点 最近、アメリカやインド、香港、シンガポールなど色んな国の人たちとメールや電話で毎日のようにやり取りする事が増えています。 もともと異文化間での仕事は発見が多く、また(個人的に)トラブルも多いので学ぶ事は本当に多い…

現代の勉強の仕方 〜その場で調べて理解を深める〜

こんにちは。 ノーベル賞作家の読書法 僕が学生だったころ、大江健三郎さんがノーベル賞を取られました。 学科の大先輩だったのですが、研究室では特に大騒ぎをするわけでもなく、コメントすらも無くなんだか淡々としていたな、というのが印象です。 でも自…

副業奨励の相乗効果  〜会社と人材の関係性が変わってきます〜

こんにちは 副業推進のニュース 先日News Picks経由で以下のような記事が流れてきました。 www.asahi.com ロート製薬が正社員に副業を許可する、というもので、アフィリエイトやボランティアなどの個人事業的なものだけではなく、他社に雇用されることを想定…

ボクね、変態なんですけど... 〜「コネ持ち父さん」川下さんとの出会い〜

こんにちは 印象的な邂逅 今から3年ほど前の年末、出版社のクリスマスパーティに参加していたときのことです。 宴も佳境をすぎたころ、ちょっとコワモテの見た目年齢不詳の男性から声をかけられました。 「ボクね、変態なんですけど、お友達になってくれませ…

組織の活力の維持 〜「働かないアリは交代要員」をホワイトカラーに当てはめる〜 

こんにちは。 ここ数日、北海道大学などの研究チームのある調査結果が英国の科学誌に載ったということでネットや地上波などで話題になっていました。 「働かないアリ」は交代要員 newspicks.com もともと、2割程度の働き蟻は、仲間が働いているのを横目で見…

アップルがアップルたるゆえん 〜映画「スティーブ・ジョブズ」〜

こんにちは。 機内エンターテイメントでの偶然の出会い 先日アメリカ出張に出かけてきたのですが、アメリカ出張につきものなのは12時間超に及ぶ長時間フライトです。個人旅行も含めて、今までいかにこの長時間フライトを効果的に過ごすかを考えてきたのです…

ケネディのメッセージ 〜We choose to go to the moon〜

こんにちは出張の合間の休暇アメリカはフロリダのオーランドからコロラドのデンバーに向かう飛行機の中でこの文を書いています。オーランドにはIBMの用事で行ったのですが、土日を挟みました。そこで、週末の空き時間を利用してケネディ宇宙センターに行って…

そんなの簡単!? 〜シンプルだけどイージーじゃない〜

こんにちは。 今日は、改善・改革のなかでよく耳にする「そんなの簡単だ」「そんなに簡単じゃない」という言葉について考えてみます。 基本に立ち返ることが王道 ビジネスの現場で何かを変えたいとき、例えば業績をターンアラウンドしたり、組織の文化を変え…

粒あんよりこしあんが良いに決まっている 〜認識力の限界〜

こんにちは。 こしあんは、粒あんより優れている 実は僕は以前の世の中に「こしあん」より「粒あん」が好きな人など一人もいない、と思っていました。 自分がこしあん派だということが発端です。あんぱんも、大福も。もちろんぜんざいよりはお汁粉派です。 …

習慣化の重要性 〜変革への抵抗は、ルーティンが崩れる事への負担感〜

こんにちは。 「些細なこと」の重要性 日々の習慣って本当に重要だな、と思います。習慣化していると何の負担も無くできる事が、何かのきっかけに前提が崩れると大きくバランスをくずすことがあります。実は最近こんな事がありました。といっても些細なこと…

CES, Pepper, Watson 〜ひさびさのIBM。変わったこと、変わらないこと〜

こんにちは。 前回のブログにも書きましたが、今年からIBMにもどりました。 あっという間に最初の1週間が過ぎましたが、幾つか気がついた事がありましたのでメモをしておきます。 変わったこと 27ヶ月間のブランクがあったので、変わった事も多くありました…

2016年目標 〜ことしからIBMにもどります〜

こんにちは。 昨年も年初に目標を立てました。結果は2勝2敗です。 目標立てる事、振り返る事も意義があったと思いますので、今年もゆるーく立ててみたいと思います。今回も吉例にしたがい4つ立ててみます。今回はワークとライフそれぞれ2個ずつ。 1)ワーク…

一年の振り返り 〜目標を立てることは有意義〜

こんにちは。 今年ももう残すところ数日です。 年末にあたり、年頭に立てた目標を振り返りたいと思います。 今年の初っ端のブログで4つゆるーい目標を立てました。結果は自己評価で2勝2敗というところです。 eitarokono.hatenablog.com 1)時間の使い方を変え…

「知っている」と「できる」の差 〜腹式呼吸で声を出す〜

こんにちは。 「知っている事」と「できる事」の差 僕自身が研修や講演をご提供する時に、よく「『知っていること』と、『できる事』はちがうんです」とお伝えします。 新しいアイデアを提案したときに「そんなことは、誰でも知っている」という反応が多くあ…

バルコニーに上がってみる 〜視野を変えると思考も変わる〜

こんにちは。 もと大臣の発言 あるカンファレンスのビデオを見ていて、その中で竹中平蔵さんがこんな発言をされていました。 「挫折はしょっちゅうだ。で、そうしたときに詰めて考えることも重要だが、もうひとつの方法も持ち合わせておいたほうが良いと思う…

すすめられて読んだ本 〜「修身」って先入観がありました〜

こんにちは 前回も、自分で手に取ったのではなく仕事上、必要に迫られて読んだ本からの学びについて書きましたが、今回も。 半信半疑手に取った本 おそらく、自分からはその先入観から手に取る事がいだろうな、と思う本を薦められて読む機会がありました。 …

なんか、謎が解けた...かも。 〜『信頼の方程式』とは〜

こんにちは。 クライアント内の課題図書 先日、とある大企業の顧客向けサービス事業部で講演をしました。 事前の打ち合わせで担当の方から、今回の参加メンバーが全員読んでいる本として紹介を受けたのが、添付の本でした。 もちろん、即購入して読みました…

請われれば一差し舞える人物になる 〜大震災直後の哲学者の言葉〜

こんにちは。 心に残る名文と再会 先日、小5の娘から、受験対策で課題図書を読むので本を買ってほしいという依頼をうけました。なんと哲学者鷲田清一氏の「じぶん・この不思議な存在」 じぶん・この不思議な存在 (講談社現代新書) | 鷲田 清一 | 本 | Amazon…

ダイエットするには痩せた人と暮らす!? 〜環境の与える影響〜

こんにちは。 最近立て続けに環境が人の行動に与える影響について考える機会がありました。 自分は身近な5人の平均値!? ある日、下記のようなリンクがFacebookのタイムラインに流れてきました。このエッセーの主旨は見出しが巧く言い表しています。環境が…

弾は後ろから飛んでくる!? 〜パス・ゴール理論実践の際の注意点〜

こんにちは。 パス・ゴール理論 最近、リーダーシップ理論の一つである『パス・ゴール理論』について改めて頭の中を整理する機会があったので、備忘録的にしたためたいと思います。 パス・ゴール理論とは、20世紀の後半に発達した、リーダーシップスタイルに…

水泳特訓 〜マンネリを回避しモチベーションを維持する〜

こんにちは。 最近週末には自分が泳ぐ以外に、プールに行く事が増えました。理由は、息子の水泳特訓です。 男の子の運動能力は父親のコミットに比例する、と誰かが言っていたのを覚えていますが、自分自身が父親から何か習ったかというと全くその記憶が無い…

足元が磐石なリーダー 〜その利点と弱点〜

こんにちは。 創業家と雇われトップ 昔から、創業家の流れを汲むトップと、いわゆる「雇われ」のトップの違いについて考える事がよくあります。その”政権”の安定性やパフォーマンスについてです。 結論を先に述べれば、ご多分にもれず一長一短、ケースバイケ…

人工知能! 〜もう無縁ではいられない(?)このツール〜

こんにちは 想像もできない未来 子供のころ、よく祖父に呼ばれて、 「おい、お前さんらの時代はとんでもない時代になるぞ」 と美しい岐阜弁でいわれたものでした。 (発音的には:お前さんら➡おまさんら、とんでもない➡とんでもねぇぁー、じだい➡じでぇぁー…

引退するとはやくなる 〜『俺たちの頃はこうだった』の功罪〜

こんにちは 先日、8年ぶりに競泳のレースに出場しました。 昔取った...。三つ子の魂...。 学生時代は水泳が最優先。当時は当たり前のようにこなしていた一連の動きを20年経った今改めてやってみたわけです。 相変わらず、準備段階のレース2-3週間前からそわ…

人と企業の新しい関係 〜ALLIANCE読書会に参加しました〜

こんにちは。 実は先日、ダイヤモンドハーバードレビューとNewsPicksの共催でイベントの「ALLIANCE アライアンス」(ダイヤモンド社)の読書会に参加してきました。 「ALLIANCE アライアンス」とは 本ブログのテーマ(ホワイトカラーの仕事の仕方改善)とも…