忠臣蔵と学問のすゝめ 〜「47人で玉砕」は日本の組織文化か?〜

こんにちは。

今はお盆の季節です。

先祖に思いを馳せながら感謝の念をささげるこの習慣は、僕はすごく意義を感じています。

ふるさとに戻って親しい人と会ったり、お墓参りをしたり仏壇にお経をあげたりすることは、宗教的な儀式以上に、日頃の”精神的な”疲れを癒す良い機会であるのと同時に、温故知新というように、過去を振り返り今に活かす思考を巡らす良い機会だとおもうからです。

赤穂浪士の考えを”正した”福澤諭吉

そんな流れで、ちょっとだけ史実や古典の話を思い浮かべました。

忠臣蔵」で描かれた仇討ちの物語は有名です。今でも毎年12月14日になるとなにかしら映画やドラマなどが放送されています。日本人の好む構図がそこにあるからでしょう。

明治の頃も同じように日本人の間ではこの物語は人気を得ていたようです。平成の現代から見れば300年以上昔のこの物語も、当時は150年ちょっと前という距離感です。時間の流れを勘案すればさらに親近感はさらにあったはず。

それに対して明治の初頭、福澤諭吉はその著書「学問のすすめ」の中で、真っ向からこの出来事をこき下ろします。

主旨はこんな感じです。

  • 暴力に対して暴力で訴える仇討ちというのは、最低の手段だ。
  • 本来赤穂の浪士たちが主張したかったことは「吉良上野介浅野内匠頭の”けんか”が両成敗であるべきなのに、裁判も行われず吉良に一切のお咎め無しであったことを正すこと」だったはず。
  • であれば、死ぬ覚悟ができているので47人、これを目的にあわせて有効活用するべき。
  • 吉良一人を殺して47人が玉砕するのではなく、47人が1人ずつ順番に幕府に訴えればよいのだ。
  • 1人目はダメでも、2人目、3人目と続ければ、江戸幕府もバカではない。訴えを聞き入れ、裁判を行い、吉良側に何らかのお達しを出すだろう

この論には当時もかなり炎上したらしく、福澤諭吉はこれらがもとで一生刺客から付け狙われたという話も残っているようです。

現代の”忠臣”たち。本来はどうすべきか

さて、これ、本ブログのテーマであるホワイトカラーの生産性向上という視点で考えてみましょう。

47人の赤穂浪士の行動の原点には、

「どうせお上は聞き入れてくれないから武力に訴え玉砕するしか無いのだ」という前提が見え隠れします。論理性を飛び越えて感情的に判断しているとも言えます。

当時の情勢がどうであったかは置いといて、冷徹に目的合理性を追求すると福澤諭吉の論点のようになるはずです。

これ、日本の今の意思決定に共通するところはありませんか?

「どうせ言っても経営層は動かない。自分たち現場が頑張るしかない」

「○○部長の言ったこと、オレは間違ってると思うけど、ここは『大人になって』言われた通りやるしかない」

などと、感傷的になってしまい、本来やるべき交渉をしないで現場でながーく働き続けたり、納得いかないままフラストレーションを抱えて文句を垂れながらも気に入らない環境で辞めもせず所属し続けたり。

本来言うべきことを言わない、やらないことを「大人になる」「現実を見る」という表現でごまかしてしまったり。

もちろん、福澤諭吉が刺客から付け狙われるのと同じように、正論を吐くにはリスクがともなうため、勇気や努力、工夫が要ります。

しかしながらそのようなリスクを取ってきた先人がいるから今があり、そのようなリスクを取るために我々が現在存在しているんじゃないかな、仕事の面白さって、そういうところにあるんじゃないかな、と思うことがあります。

皆さんはどうお感じになりますか?

f:id:eitarokono:20170814063606j:image

【臨時告知】コミック版新刊発売! 『まんがでわかる 99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ』

【新刊発売!】
今回は、シリーズ115万部超えのベストセラー『99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ』のコミック版が8月11日に発売になります!!!
感動あり、笑いあり、涙ありのストーリー展開に「仕事のコツ」を散りばめた意欲的な内容にしあがりました。
なんと、版元ディスカヴァー21としては、初めてのコミックとなります。
是非発売日の「8月11日」にポチッとしていただけましたら!

【おまけ】
原作者としての自分の手を離れ、物語がキャラクターとして命を吹き込まれて独り立ちして行くのを見守る、という得難い経験をしました。
「職場とはこうあってほしい」「若者はこのように育ってほしい」と漠然と思い描いていたことがありありと描かれていています。
今まで以上に多くの読者の皆様にお届けできるのではないかとワクワクしています。よろしくお願いいたします!
#Amazon

 

まんがでわかる 99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ

まんがでわかる 99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ

 

 f:id:eitarokono:20170811060941j:image

「怒る」はビジネス用語か? 〜親子関係からプロ同士の関係へ〜

 こんにちは。

部下に「怒る」ことはありますか?

以前、リーダーシップの講演をしたあと、懇親会にも呼んで頂いたことがありました。

その中で受講いただいた複数の方々から質問をいただきました。

講演のQ&Aのなかで僕が

「メンバーを怒ることは絶対にするべきではない」

「子どもに対しては怒るけれども、会社の仲間に対して怒ることは通常の状況下ではあり得ない」

と回答したことに対する疑問あったというのが、その背景です。

営業リーダーの方々が受講いただいた方々の主要メンバーだったのですが、メンバーを「怒る」ことは日常であるし、それを通じて人を育成してくしか方法が無い、ということでした。

①「怒らなくて、どうやったら人が動くのか?」

②「全然成果が上がらない人がいても怒らないのか?」

③「怒る関係の方が信頼していると言えないか?子どもに怒るというのはそういうことではないのか?」

というのが質問のサマリーです。

怒ることには何の意味も無い

これに対して、以下が僕の考え方です。

  1. 前提として、部下・メンバーたる相手は誰かの保護対象となっている「子ども」ではなく、給料を貰っている「プロフェッショナル」である。➡すなわち、一定の責任を担っている。
  2. 一方上司・リーダーは、メンバーの保護責任者の任は果たし得ない。➡キャリアの責任を負うことはできない。自分の元を離れてしまったら、影響力を及ぼすことはできない。
  3. 「怒る」ということは、「強制的に」動かそう、言うことを聞かせよう、という意図の現れであって、プロフェッショナルが内発的に動くことには繋がらない。
  4. 見方を変えると、「怒らなければ」動かないメンバーは、プロとしてその組織に存在する意味は無い。
  5. つまり「怒らなければ」動かないメンバーに対しては、本人のためには別の場を提案するのがリーダーの責任である。➡その場が適切な場ではないため、別の場で活躍することの方が本人のキャリアにとって有効なわけである。
  6. 「怒る」労力があったら、理を尽くして動いてもらうためのロジックを考えるべきである。それが有効でないなら、冷静に淡々と「切ってあげる」方が本人のためである。
  7. 結論として「怒る」というというのは、自分が相手よりも親のように上回っているという前提に立った「思い上がった」行為であり、また相手が本来の能力を発揮できる別の場所で働いて機会を得るチャンスを潰している「卑劣な」行為である。

怒るのには労力が要ります。一方で全く効果がありません。むしろ逆効果。だったらやるメリットは誰にとてもありません。

「怒る」はビジネスの辞書には無い

上記の①〜③に対しての答えとしては

①’理を尽くし、伝え方を工夫して説明することで、納得の上動いてもらうべき。

②’怒らない。成果が上がらない人には怒るのではなく、別の場を提供するべき。リーダーはいちいち怒ってあげるほど暇ではない。

③’「信頼しているから」怒るのではなく、身分制度時代の思考の世界で思い上がっているから怒るのである。怒っていいのは物心つく前の子どもに対する保護責任者だけ。

つまり、「怒る」というのはビジネス用語ではないわけです。

もちろん、組織によっては「怒る」ことでマネジメントしてきた歴史もあるでしょう。しかし時代は変わっています。少しでも近代化するべくリーダーが行動を変えて行くべきではないかと思っています。

これからの世の中、怒らずに人に「動いてもらう」スキルをつけてない人はリーダーになるべきではありません。

これについて皆さんはどう思われますか?

f:id:eitarokono:20170806224421j:image

西施(せいし)の顰(ひそみ)に倣(なら)う 〜ヒンシュク(顰蹙)の語源〜

こんにちは。

初めて繋がったヒンシュクの語源

7月30日付けの日経新聞「遊遊漢字学」の欄でヒンシュク(顰蹙)の語源についてのコラムが載っていました。

このヒンシュクという言葉、もとは「西施(せいし)の顰(ひそみ)に倣(なら)う」という表現が起源なのだそうです。

「西施(せいし)という美人が、病のため顔を顰(ゆが / ひそ)めるのが美しかった。それをまねて顔を顰める人がいたが、逆効果だった。なんでもかんでもマネをすればいいものではない」という故事がもとです。詳しくはこちら

コラムの文脈としては、もともと語源となった故事としては、現代で言えばセクハラに当たるような内容であるが、それを知らない現代人は日常的にこの「ヒンシュク」を使っている。(そんなことを言ったら、それこそヒンシュクかな...)というオチがついた内容でした。

この何でもかんでもマネをすればいいものではない、という意味の方の「西施の顰に倣う」という表現を知ったのは、恥ずかしながら実はつい最近のことで、福澤諭吉著の「学問のすゝめ」を現代語訳した時に出てきたため、調べたのが切っ掛けです。

学問のすゝめ全17編のうち、15編で出てきて、ここでの文脈的には

「文明開化の後の昨今(学問のすゝめ出版当時)、西洋かぶれがちまたにあふれている。西施の顰に倣うというが、なんでもかんでも真似すりゃあいいってもんじゃない」

というものでした。

当時は、脱亜入欧論(アジアから抜きん出て、欧米列強に伍するようになるべき!)の最右翼のように思っていた福澤諭吉なのに、その印象が覆された、という意味で印象に残りました。

今回、この日経のコラムを読んだことで、さらにこの「西施の顰に習う」は「ヒンシュク」という言葉の元になった表現であることを知りました。

極端な二元論はヒンシュクもの?

ちまたでよく出会う「なんでもかんでも論」ないしは「極端な二元論」というのは、「ヒンシュク」なんだな、って紀元前の人も知っていたんだな、という意味で今回すごく印象に残りました。

「なんでもかんでも、欧米流の経営スタイルが正しいって分けではない」という主張をしながら、つい「日本の方が常に正しい」と思ってしまっていないか。

「働き方改革なんだから、なんでもいいから早く帰れ」なんてのも、いい例かもしれません。

綱に目的に対して合理的に考えないと、それこそヒンシュクものなんだな、ということを考えた朝でした。

皆さんはどう考えますか?

f:id:eitarokono:20170730233414j:image

個人メドレーの順番をご存知ですか? 〜ルールは実態に合わせて変えるもの〜

こんにちは。

始まりましたね、世界水泳

もと競泳選手としては楽しみです。とはいえ早寝早起きの僕としてはハンガリーとの時差は若干中途半端です。朝のニュースを楽しみに。

個人メドレーの種目順をご存知ですか?

ところで、競泳選手にとっては当たり前の知識ですが、オリンピックや世界水泳でしか水泳に接点の無い人からすると「個人メドレー」の種目順を知らないのが普通なのではないでしょうか。

実は、

①バタフライ

②背泳ぎ

③平泳ぎ

④クロール

の順番です。

さらに難易度が高いのが、メドレーリレーの順番です。

これは正答率が相当低いと思われます。

①背泳ぎ

②平泳ぎ

③バタフライ

④クロール

が正解です。

メドレーリレーが何故個人メドレーの順番じゃないのかというと、背泳ぎのスタートの特殊性が一つの理由です。

背泳ぎは飛び込めないため、水中からスタートを切ります。

スピードを重視すると、個人メドレーの時は二番目以降入れるしかありませんが、メドレーリレーの時は前の泳者とぶつかるため、第二泳者以降にすることができないため止むなく第一泳者になるわけです。

意外だな、というのが感想なのではないでしょうか?

ルールって柔軟。目的に応じて変えていい

このルールを小学生時代に初めて知ったとき「えらい柔軟なルールだな」と思ったのを覚えています。

当時の僕の感覚として、いわゆるルールってものは、理由を付けて同じ順番にしそうなものだという前提があったのです。

以来「ルールってものは、目的に応じて変えればいいんだよな」と主張する時に思い浮かぶのがこのエピソードです。

これ、たとえ法律であっても、当てはまると思うのです。

変えなければいけない(変えた方が良い)理由があり、それが社会通念上問題ないものであれば、手続きさえ踏めば法律は変えられるべきものなのだと思います。

ただし、この手続きを踏むことが手間や、場合に寄っては勇気を必要とするのですが。

福澤諭吉も「学問のすすめ」の第六編の中で、同じようなことを言っています。

ましてや、会社のルールなどはさらに手続きも簡単ですよね。

なので、実態に合っていないルールが存在していて、不都合を生じているのであれば、「そういう決まりなんですよ」とか「それは、○○法に違反している」とあきらめるのではなく、変える方に動くのが未来志向の考え方なのだと思うのです。

皆さんはどう思われますか?

f:id:eitarokono:20170723211824j:image

濃尾平野を望む>

伝統と革新 〜働き方改革とはエセ「伝統」に立ち向かうことでもある〜

こんにちは。

伝統は守ることだけに意義があるか?

今を遡ること20年以上前。六大学水泳大会に選手として参加した時のことです。

開会の挨拶に立たれた他学の先生が「伝統とは、守ることだけに意味があるのかもしれない」という主旨のお話をされました。

当時の僕は「そんなもんかな」と思うとともに、自分たちが背負った水泳部100年以上の伝統は守っていこうと思ったものでした。

一方で、先日京都吉兆総料理長の徳岡さんが参加されたパネルディスカッションを拝聴する機会があったのですが、出汁の取り方などのレベルでさえ、常に革新を追求されている姿勢が明確にありとても印象的でした。

この瞬間、自分の中で伝統とはどういうものか説明ができなくなっているのに気がつきました。

日本の組織の非効率の原因

講演で最近よく、日本の「働き方改革」の本質は「ホワイトカラーの生産性の向上」であるということを申し上げます。

では日本において生産性の阻害要因になりがちなのはなんでしょうか?

僕はあえて、行き過ぎた「気遣い」や「礼儀」が一つの原因なのではないかと思っています。

「部長、お忙しい所大変申し訳ありません。今お時間宜しいでしょうか?」

「あー、ごめん、あとにして」

なんて会話、身近にありませんか?

あとにしてと言われて、あとにしたら部長は外出直帰。あしたから2週間海外出張。。。なんてコトになったりします。

ご覧になってわかるとおり、この情報のやり取りの間には、部下と思われる側からの提供情報の中に、仕事の優先順位や作業にかかる時間にかかわるものは一切ありません。

これに対して「部長」は「あとにして」という判断を下しています。

これが典型的な「礼儀優先」の会話です。

では、こんな会話はどうでしょう?

「ねー、部長、ハンコよろしく。支払い支出承認の件」

「おっけー...はい。いっちょあがり。あと、よろしく」

2分で終了です。

唯一「礼儀」というやつだけがなっていませんが、それ以外は完璧です。

古来日本で重視された「礼儀作法」というやつだけ取り払えば、2週間後に達成されたかどうかすら怪しい仕事が2分で終了するわけです。

こんな背景から、分かりやすい表現でよく申し上げるのは

「働き方改革とは、上司を今までより粗末に扱うことなのです」

ということです。

言い方を変えれば、儒教的な「目上は敬うべき」という考え方から来る変なプライドや「伝統的な礼儀」へのこだわりを捨てられた上司をもつチームが生産性の高いチームになる可能性があります。

「専務、僕は客先に直行なので、申し訳ありませんがプロジェクターを会社から車で運んでもらえませんか?」

っていえる組織は、いろいろ効率的な気がしますよね。

礼儀が非効率なら、伝統は悪か?

では、話題を元に戻して、この観点から「伝統」は百害あって一利無しなのでしょうか。

僕の現時点の意見としては「目的に対して合理的であるべき」というものです。

それに合致しているのであれば伝統は守るべきだし、合致していなければ変えて行くべきものなのだろう、と。

これに関連して思うことがあります。

茶道の作法です。

以前お茶の師範のかたから「素人」としておもてなしを受けた経験があるのですが、「この動きはどういう意味があるのですか?」という問いに全て回答いただけました。

礼儀優先と思われがちな茶道の作法は、どの一挙手一投足をとっても「なんで?」に対して説明できます。すなわち目的に対して合理的なのです。

もちろん、ここでの「説明」には「そんなの常識だろう」「そりゃあ、部長がえらいからだ」というレベルのものは含みません。

よく考えられた「伝統」は、意外に目的に対して合理的なんだと思います。

一方で、特に考えもなく実施されている「習慣」を「伝統」と呼んでいるだけのものは、「そんなの常識だろう」「そりゃあ、部長がえらいからだ」以上の説明ができません。

ですから状況に即して変えて行くべきものなんでしょうね。

社会的な存在として利益を上げながら顧客の満足度を高める、という使命をもった企業は、社内の先輩、上司の単なるわがままや自己満足を、顧客満足や株主価値、社会課題より優先していいはずはありません。

これでは目的に対して非合理です。

 先輩や上司、経営陣への過剰な礼儀、見直してみるとだいぶ働き方も変わってくるのではないでしょうか。双方の歩み寄りが必要ですよね。

皆さんはどう考えますか?

f:id:eitarokono:20170716163035j:image

つながる感謝、つなげる喜び

こんにちは。

東京は暑いです。夏本番ってやつですね。そんな中、今週末は二日とも稼働しました。

さて、今週もブログ参ります。

繋いでもらって生まれる新しい価値

最近、個人的にライフワークにもなってきた発信活動を通じて、多くのつながりが増えてきたと感じます。

加えて、SNSの存在がその繋がりを発展しやすくしているように思います。

そんな関係の中で、人と人をつなぐことで世の中に良い影響を与えている人にもお会いする機会が増えてきました。

その方々は、なぜか僕のニーズを知っていて(なんでわかるんだろうか)、この人、という人と繋げてくれたりします。

僕が嬉しいだけではなく、繋がった相手も意外に喜んでくれたりして、新しい価値が生まれたりするのです。

繋いでくれた人に話を聞くと「いやー、ただね、こことここ、つながると面白そうだと思って」という感じで、恩着せがましくないのが特徴です。

人と人をつなげる喜び

ちょっと前までは「そんなもんかなー」程度の理解で、単純に「繋げてくれてありがとう」という感謝の気持ちだけだったのですが、先日ちょっとしたきっかけがあり、立ち止まって考えてみました。

そしたら、最近ネットワーク間で人と人を繋いでいる役割を演じている自分に気がつきました。

この自分の行為を振り返ってみると、やっぱり何かに役立とう、とか義務感などで動いているわけではありません。

シンプルに

「こことここつなぐとなんか、面白いこと起きそう」

って思ってつなぐわけです。

それで喜んでもらえたり、本当に何か新しい価値が生まれたりすると、自分にとっても嬉しいわけです。

むしろ、自分が嬉しいからやっているに近いなあ、という感覚すら持ちます。

もともと、僕自身は複数の転職経験者でもあるため、いろいろな組織に所属した経験があり、活動領域も会社員に閉じた領域ではありません。

自然に所属コミュニティという意味でのネットワークは広いのですが、最近それぞれのネットワークで頑張っている友人たちがどんどん責任ある立場になり、成果を残しているのを感じます。

一時は焦りもあったこの現象も、見方を変えればこのネットワーク自体が自分の価値。

それを必要としている人に開示するという行動も意義があるように思えるようになったのです。

そんでもって、そういう「おせっかい」な行為が意外に嫌ではない自分に気がついたわけです。

引きあわせる双方にメリットがあるのであればやらない手はないですよね。

これからも、「やめてくれ」と言われない限りこの活動、進めて行きたいと思います。

皆さんは「つなげる活動」されてますか?

f:id:eitarokono:20170709123959j:image