「若手の会」がおっちゃんだらけという…

 

こんにちは。

上から目線で使う言葉

「若手」という言葉がありますよね。

僕も結構日常的に使ってしまったりします。

ある時ふと考えたんです。二人称で使う「若手」って言葉って、言われた側に対しては失礼なんじゃないかと。

「若手」って言葉を使う状況を思い出してみると、つい上から目線で使っていることに気がついたのです。

「若い人」「若者」とは重複はあるものの、ちょっとだけ違ったニュアンスを込めている様に思うのです。

何と比較して若いか、というと自分の価値観で「一人前」であるイメージと比較して、ということだと思います。

少なくとも自分よりはジュニアな人、訓練の余地がある人、という意味ですね。

昔、こんなことがありました。

自分の会社がIBMに買収された2002年、統合を祝う顔合わせのパーティの幹事になった時のことです。買収したIBMサイドと買収された 旧PWCサイド両方から幹事を出して立食形式の食事メニューを考えていました。

IBMサイドの幹事から、

「君たち若手が多いから炭水化物多めがいいんじゃない?」

と水を向けられました。その時、自分としては自然に

「いえ、僕たち若手いないので。」

と回答しました。

IBMサイドの幹事は、「え?」とばかり、すごく怪訝そうな顔をして、

「っていうか、君自身が若手だし、他の人も大半若手じゃん?」

とコメントしたのです。

平均年齢が10歳以上異なる会社同士の合併。認識が違って当然ですね。

当時僕は28歳でしたが、若手って新入社員のことだけを指すと思っていました。

一方当時のIBM側は30歳代は若手に入ります。旧PWC側はほとんど全員若手な訳です。

組織文化って面白いなー、と思ったと同時に若手扱いしないでほしい、と若干不快な感覚を持ったのを覚えています。

一人称で使うと、責任逃れ

で、ここからが本題なのですが、少し立場を変えて一人称で「我々若手は」という言葉を使うときの感覚です。

あくまでも僕の経験を通した「感覚」ですが・・・

「若手同士の交流」とか「若手有志の会」という話を聞いて、行ってみたらほとんどおっちゃんの集団だった、という経験を何度かしたことがあります。

で、その人たちは、いろいろ考えはお持ちの様ですが、書生っぽい議論はしつつも実行するのは自分たち以外の誰か、というスタンスの人が多い傾向にあります。

冒頭に定義したように、何か自分の中で「一人前」のイメージがあって、それよりは「若い」ので、若手なわけです。

 すなわち「若手」という言葉で「権限がないけど意識は高い自分たち」と定義して、当事者意識という責任から逃れているように思えてなりません。

そうでなければ、そんな屈辱的な表現、自分に対して使うことは許せないと思うんですがね。

まあ、客観的に若いとか、責任や権限が無いという現実はありながらも、是非自分からそんな言い方は死絶対にするもんか、という気概は持ちたいところです。

皆さんはどう思われますか?

f:id:eitarokono:20181209223002j:image

落合博満著「決断=実行」

こんにちは。

取るよ。だって他にいないじゃない

僕が岐阜の片田舎で中学生をやっていた頃のことです。プロ野球ロッテオリオンズ三冠王落合博満選手が、我が中日ドラゴンズに移籍するというニュースを耳にした時、すごく驚いたとともに嬉しかったことを覚えています。

パ・リーグ三冠王を何度も取っている選手なので、プロ野球ファンだったら当然誰でも知っている選手でした。

NHKなんかでも特集番組が組まれていて、目にする機会は多かったです。

インタビューでも、

「来年は、三冠王取れますか?」

というベタな質問に対して、

「とるよ。だって俺以外いないじゃない」

という発言。有言実行、すごくかっこいいと感じました。

ただ、関東の球団でパ・リーグだと岐阜ではプレーを目にする機会はほとんどありませんでした。なので、ちょっと「遠い選手」って感じでした。

その落合選手が中日に来る!連れてきてくれた星野監督もすごいと思ったけど、三冠王がテレビで見られるのは本当に嬉しかったです。

その後の監督としての中日ドラゴンズへの貢献はご案内の通り。8年間で全てAクラス。5度の日本シリーズ出場。

僕が少年時代ではあり得なかった一言「また日本シリーズか」なんてことを言えた時代でした。

特にその監督時代について書かれた本です。監督を引かれたタイミングで「采配」という本も出されたのでそちらも読みましたが、ますます、研ぎ澄まされた感がありました。

原理原則に忠実で表裏がない

読後感としては。。。

  • 非常に論理的な方である、という思いを改めて強くしました。冒頭の「三冠王取れますか?」に対して「取るよ」という発言。これ感覚的に、かつウケを狙って発言されてたのかな、って子供の頃は思ってました。それ以外の発言も一見突拍子もなく、聞いた人が「え?」って返しそうなことをおっしゃいますが、実はその裏にはちゃんと論拠がある。
    感覚的どころか、結論を言ってから聞かれたら論拠を伝える、という非常にシンプルかつ論理的なコミュニケーションスタイルなんだな、と今になって思えます。
  • 原理原則に忠実である。色々複雑な要素が絡むことでも、原理原則を定め、そうと決めたら変えなければならない理由がない場合は一貫してこだわり続ける、という姿勢が読み取れます。
    ゆえに、極端な飛び道具や奇をてらった言動がありません。ブレもない。
    「投手交代には一切関与しない」「勝つことが最大のファンサービス」「勝ちは選手の手柄、負けは監督の責任」「オーナーに常勝軍団を作れと言われたから、そのために来た」を最後まで貫こうとされてます。
  • 発言に表と裏がない。「勝ちは選手の手柄、負けは監督の責任」なんて、言うは易し、行うは難しの典型ですが文字通りそう思っていたのだろうな、と感じられます。
    その分、責任を全うするために、その時点では非情・非常識とも取られる言動も臆せず取っています。
  • 打者時代も、天才でもあったのでしょうが、それ以上にすごく考えて練習をされていたことが分かります。そして監督になってからもついてくる選手にはものすごい厳しい練習を課したようです。やはり日々の正しい努力は裏切らないのだなと思いました。天才じゃなくても与えられた可能性を極限に引き出すことは誰にでもやれないことではないので、これは万人に当てはまると思いました。
  • そして何よりも、上記のような卓越した「決断=実行」を経て、選手・監督を通じて飛び抜けた結果を出したところ。これが最も説得力ありますね。
    若い頃は色々なことにチャレンジされたようですが、落ち着き先としてプロ野球という活躍の場に身を置いて、それを突き詰めたところは見習わなきゃいけないな、って改めて思います。
    この点は特に今の自分に取って重要なメッセージだったように思えます。

まあ、もともとファンなので贔屓目に読んでしまっているかもしれませんが、プロ野球ファンや中日ファン、落合ファンじゃなくても、読んで意味のある書籍のように思いました。

人生の恩人のひとり(会ったことないけど)

最後に余談ですが。。。

この落合さんも、実は僕の人生に大きく影響を与えた一人なのです。

僕は高校一年の秋に突然「東大?行くよ。だって他にいないじゃない」と聞かれもしないのに、あちこちで宣言をし始めました。

焚き付けた恩師も恩師ですが、調子に乗った僕も僕。当然イメージはあの「落合節」です。

冒頭の「三冠王?取るよ。だって他にいないじゃない」に”表面的に”影響を受けて、真似をしたわけです。

当時は東大どころか、大学に行けるかどうかすら怪しいレベルだったので、大いにバカにされましたが。

高校生の僕は落合さんが、周りに宣言をして自分を追い込むために「三冠王」発言をされていたと誤解しており、裏で発言に足るような綿密な思考と人並み以上の努力をされていることには目がいっていませんでした。

ま、結果的に想像を超えるような努力をするハメになったので順番が逆だっただけのことですが。。。(同時に100メートル自由形で1分を切るという宣言もしてしまい、さらに自分の首を絞めました。)

あの宣言がなかったら今の自分はありません。落合さんに感謝です。

だからこの人のことが好きなのかも。

ぜひ手にとってみてください。

f:id:eitarokono:20181202191422j:image

伝統をまもりつつ・・・

こんにちは。

この3連休は「伝統」について、考えてみました。

「伝統」に思いを馳せた週末

 以前、こんな文章を書いたことがあるのですが、写真から推察するに、そのときも週末に訪れた日光の様子がキッカケだったようです。

eitarokono.hatenablog.comこの3連休は、歴史を扱った小説や映画に触れたこと、自宅の近所にある大鳥神社の酉の市に熊手を買いに行ったこと、そして東大駒場際の大河童踊りを見に行ったことが重なったのがキッカケになりました。

特に、東大駒場際の大河童踊りは、ちょっと感動しました。

それについて少し書いてみたいと思います。

河童踊りは水泳部伝統の行事で昭和4年から続いているということだそうです。水泳部自体は明治17年から続いているので、比較的”新しい”行事かもしれません。

こんな記事がありました。ご参考。

平成4年から数年間は僕も現役生として(卒業してからも体が動く時は時々)参加しました。

平成5年には現場責任者である「河童隊長」を拝命(笑)し、理不尽な環境下(?)で人に動いてもらうことの難しさを学びました。

あまり詳しくは書けませんが当時は河童踊りも隆盛を極めていました。(=ちょっとエスカレートしてました)

 70匹以上の河童が出現して全長は百メートル以上の大行列になったのをおぼえています。

その後、様々な社会的情勢が変化したため、形を変えながら後輩達が引き継いでいてくれます。

河童隊長も25周年だし、今年はちょっと顔を出してみるか、と思い駒場に向かいました。まあ、25年以上たったとはいえ、最寄り駅が近づいてくると脈拍があがってきます。

「あ、まだあったのか」という、忘れていた感覚がわき上がってきて河童モードのスイッチが入ってきました。

と同時に、現代の河童踊りがどうなっているか、久しぶりすぎてちょっと心配というか不安になってきました。

開始予定時刻の15時20分、変わり果てた(というか、見違えるほど近代的になった)キャンパスを迷いながら歩いてスタート地点にたどり着きました。

イマドキの河童踊り

「今の若者」という表現はどの時代にもあります。

文字通り「今の若者」たちが、”伝統的な”河童の装束に身を包み、伝統の河童踊りを晩秋というかむしろ初冬のキャンパスでやってくれてました。

自分自身も現役時代、特に初めて河童に変身したときはいろいろ複雑な思いがありました。恥ずかしさとか、理不尽さとか、バカバカしさとか(笑)

「今の若者」もそれぞれ思いはいろいろあるとは思いますが、旧き伝統を引き継いでくれていました。

僕自身も先代の河童隊長から引き継いだノウハウを、なんとかこなす中でとんでもなくたくさんのことを学びました。

おそらく、おそらくですが、今の現役の皆さんも、準備や本番をこなしているうちに何かを感じ取ってくれるのではないかと思います。

運営の仕方や、姿、踊り、歌、実行委員会や警察などの周りの社会との関係など、僕らの当時とはかなり変わっている部分もありましたが、そういうのは当然とおもいます。

むしろ、そうあるべき、って思います。

ただ、世代を超えた共通の「何か」だけはつないでほしいと感じるし、実際につないでいてくれることがもの凄く嬉しかったです。

自分の現役時代には、まだ歴代15傑の記録の中に戦没者の方の記録が残っていたりしました。

そういう大先輩たちがどのような思いで戦地に赴かれたかは正直、想像を超えます。ただ自分がほんの少しだけど、また河童踊りという個性的な形式ではあるけれど、そういう人たちの思いをつないでるんだな、って感じられるのがちょっと誇らしくもあり、社会を担う人材を輩出するための大学の運動部のメンバーとしての少なからぬ責任も感じたものです。

伝統って、そのまま引き継ぐことだけに意味があるという言い方があります。同時に聖域無く変えていいもの、という考え方もあるでしょう。どっちなんでしょうね。

会社組織で言えば、看板が変わったり、トップにフランス語をしゃべる強烈な人が君臨したりすることもあるかもしれません。

そんな環境変化の中で、なにをつなぎ、何を変えて行くかというのはその時々の現役の人が判断するんでしょうね。

ただ僕個人としては、現役を過ごした時代は違うものの、同じようにプールの中で若い時期の貴重な時間を投入して、競泳で言えば自己ベストタイムを、水球で言えばゴールや勝利をめざした者同士共通の「水泳部魂」がまだ残っていることを確認できた、大変うれしい週末でした。

みなさんはどう思われますか?

f:id:eitarokono:20181125130616j:image

f:id:eitarokono:20181125182247j:image

何しろ、VUCAの時代ですから。

こんにちは。

VUCAって?

ご存知の人は多いかと思いますが、VUCAという表現があります。

VUCA - Wikipedia

Volatility(変動性)

Uncertainty(不確実性)

Complexity(複雑性)

Ambiguity(曖昧性)

仮にまとめると、過去と比べてより「答えがわかりにくい時代」ということです。

現代がそういう(VUCAの)時代だ、だから”いろんなこと”が大変だ、という文脈で使われます。

本稿のテーマである、ホワイトカラーの働き方についても当てはまるんでしょうね。

かつて、先輩から教わっていた働き方についても、”答えが無い”という時代なんじゃないか、と思い始めています。

じゃあ、どうすればいいんですかね。

特に、僕たちすでに社会に出て時間が経ってしまっている世代はどうしていけばいいのだろうか。というテーマについて日々考えさせられます。

仕事の仕方というテーマで書籍を出版したのが2012年3月。12年3月に出すということは11年に書いていたわけです。

で、そのために貯めていたノウハウはそれ以前のもの。かれこれ10年前の「コツ」というわけです。

当時は最新だった自負はありますし、大半は今でも通用するものではあると思います。

試しに、仕事の仕方に影響するもので、2012年時点には無くて、2018年の今あるもの、というテーマでツールやコツ、環境変化をあげてみたところ、挙がる挙がる。

何しろ、VUCAの時代ですから。

Slackは無かったし、NewPicksも無かった。Instagramも日本ではほとんど知られていませんでした。第二期の安倍さんは就任前だったので安倍さんが始めた働き方についての方針はまだ始まってませんでした。

っていう感じで、そのまま書籍の目次案になってしまうくらいでした。

なので、PHP出版のTHE 21の皆様と相談させていただき、以下のようなテーマで連載を始めてみました。

shuchi.php.co.jp

是非ご覧いただければ、と思います。

VUCAなのに発信できることあるの?

しかし、じゃあ、何が新しくて何が古いのか。ある瞬間をスナップショットで切り取ってしまったら、そのタイムスタンプを起点としてどんどん古くなるわけです。

ワークライフバランスという言葉が古いと感じている世代がどんどん社会に出てくる。

これってイタチごっこじゃないか、とも考えられます。

20年も社会人をやれば、このイタチごっこを何周回見てきたことか。

何しろ、VUCAの時代ですから。

この連載を作っていく中で感じたこととして「具体的アクションになると変わってくるが、根本的な訴えは変わらない」というものです。

すなわち「目的を達成する上で、資源(時間や労力、お金など)を如何に有効活用するか」を常に追求すること。そのためには「環境の変化を捉えて、捨てるものは捨て、採るものは採る」ということなのだろう、と思ったわけです。

ぜひこのテーマで世の中に問いかけて見たいなあ、と思った次第です。

どんな展開になるか分かりませんけどね。何しろ、VUCAの時代ですから。

皆さんは、どう思われますか、VUCAの時代ですけど。

f:id:eitarokono:20181119185134j:image

 

なんでもかんでも○○のせいにする…

こんにちは。

感受性の低下か!?

先日、あるイベントに同席したときのこと。

かなり盛り上がっていたので、何度か笑いが起こるシーンがありました。

セミナー形式だったので、プレゼンターの言っていることを聞きながら、それに関連することをもとにいろんなことを考えながら聞いていたのですが、ふと自分が、そしておそらく自分だけが、笑っていないことに気がつきました。

それに気がついたとき、ちょっと驚きました。

「あれ、なんでだろう?」

と、考えてみました。

もしかして、とその時に思い至ったのは、いわゆる「おっさん化」です。

自分自身が講演をやっても、やはり若い人は反応がいいことが多く、聴衆の構成によって盛り上がりが変わることも多いのですが、とうとう自分もそっち側に…

まあ、客観的な年齢もすでにそっち側なので仕方ないですが、結構若くありたいという願望は強い方なので…

と、愕然としていました。

「◯◯のせい」の多くは、勘違い!?

その場はそれで終わったのですが、自宅に帰る途中、何となくその日の出来事を振り返っていたところ、

「いや、待てよ」

と思い直しました。

「実は、昔から同じ状況で自分は笑っていただろうか。」

・・・そう言う意味では、人の話を聞きながら考え事をするくせは幼い時から。周りが笑っているタイミングでもそのまま考え続けていることも多く、笑うタイミングを逃すことは普通にあったな。

問題は何かが起こると、つい自分が今気にしていることに原因を結びつけることなんじゃないか、という発想にたどり着きました。

僕で言えば、最近けっこう気にしている「とし」。

あれもトシのせい、これもトシのせい、って整理すれば、ある意味安心だし簡単だし。

「◯◯のせい」

これ、◯◯が、だれかの名前や、自分の置かれた環境、かかってる病名、自分の属性・プロフィールなどなど、当てはめればほかのケースも当てはまるような気がします。

ついやってしまいがちじゃありません?

安易にそれをやってしまうと、思考停止が始まり、本当に考えなきゃいけないことが見えなくなっちゃうんじゃないか、もしくは気にしなくてもいいことで腹を立てたりがっかりしたりしなきゃいけなくなるんじゃないか、って思ったのです。

で、結局冒頭の僕の出来事でいえば、トシのせいで会場の雰囲気に対する感度が低くなった、と考えて絶望するのは「下手な考え」であり、なんのことはない、単に元々そう言うキャラだった、と言うオチなわけです。

取り越し苦労というか、杞憂というか、は時間の無駄ですからね。

なんてことを思った晩秋の週末でした。

皆さんはどう思われますか?

f:id:eitarokono:20181111163830j:image

バタバタという言葉を使う効果

こんにちは。

先週のブログで、言葉への変なこだわりが年とともにだいぶ減ってきた、というか寛容になってきた、と書きました。

eitarokono.hatenablog.comこの主張を覆すわけではありませんが、翌週であるからこそ敢えて書いてみたいな、と思うことを自分のネタ帳リストからひっぱり出してきました。

リーダーが使わない方が良い言葉についてです。

「今バタバタしていてすみません」

よく講演などでも例に引くのですが、僕がお手本としたいなあ、と思ってきた身近なリーダーたちが決して使わない言葉の一つに、「今、忙しくて」とか「バタバタで」という類の「アピール系」ワードです。

実際は忙しいし、文字通り分刻みのスケジュールだったりする人たちが、というかそういう人であればあるほど、何か相談に行くとちゃんと対応してくれます。

こちらがつい

「忙しいところすみません」

なんて言うと

「ヒマだよ」

って返してきたりして。

一方で

「今、バッタバタで」

とか

「忙しいから後にして」

と言う言葉を発している人もいます。

能力は高かったり、そうでなかったりしますが相手に与える印象は、どうしても「あ、忙しいアピール」という、マイナスのイメージになります。

そこまで言うからには本当に忙しいのでしょう。ただ、言う必要のない言葉のように感じるのは僕だけでしょうか。

一緒に働きたいか。ついて行きたいか。

 ”バッタバタの”人には相談しにくくなります。なんかこちらが悪いことをしているみたいで、申し訳なくなってしまったりして。

そうすると情報は集まりにくくなりますね。

これ、確実に損してます。周りからのちょっとした反発感情を買っているかもしれません。

さらには…

例えば現代の会社組織ではあり得ないですが極端な例として、仮に戦場に行くといして、「バタバタして」いる余裕なさげな大将と、「我輩は暇である」と余裕をかましている大将とどちらに命を預けましょうか?

他にも、手術をしてもらうドクターが、「今忙しすぎて」と言う人と泰然自若としているドクター、どちらが患者として安心できますか?

こう言うケースだと、アピールに対しての反発の感情以上に、やっぱりついて行く側としての不安の感情が先に立つのかもしれません。

リーダーシップは半分くらい演技だと思っています。

暇を装うことも、反発を買わず、さらにいえば安心を与えるための一つのスキルなんじゃないでしょうか。

皆さんはどう思われますか?

f:id:eitarokono:20181104184621j:image

「パネラー」とか「こんにちわ」に対する態度の変化

こんにちは。

”正しい日本語”への変なこだわり

「正しい日本語」というコトバがあります。

ときどき、新聞などにも載っていて、公的機関できめられたり、確認されたりするようですね。

ワードファイルで文章を作っているとソフトウェアの方で修正してくれますし、原稿として出版するときには編集のプロの方が修正してくれたりもします。

僕も結構こだわる方だったりするので、正しい知識を得た時はもちろん自分でその通りに使おうとします。

間違った使い方だったり、場にふさわしくないと思った表現に出会ったときには、まあまあ厳しい態度で臨んだりしていました。

子どもの頃に読んだ新聞に、「こんにちわ」ではなく「こんにちは」なのだ、と書いてあったことが強烈に印象に残っていたので、20代の頃は「こんにちわ」と書いたメールには一切返信しないことにしてました。

「パネラー」という言葉は存在しなくて「パネリスト」なのだ、ということで「パネラー」という言葉に遭遇する度に目くじら立てたりしてました。

もともと人を小馬鹿にした態度を取っていて、ちょっと直してあげなければならないとおもっていた人が言葉の使い方を間違えたため、人前で指摘して言い負かしたこともありました。その人が役員だったため「態度が悪いヤツ」「役員に逆らうヤツ」ということだけが広がり、あとから100倍返しをくらったこともあります。

今思えば若気の至りとしかいえませんが、本人は言葉に対しこだわりを持っていると思い込んでいました。

視野が広がって、態度が変わった

しかし、あることをキッカケに考え方が変わりました。

所属していた会社がIBMに買収されて、グローバル化の煽りを受けて様々な業務が海外に移転されました。

経費精算や各種問い合わせ窓口などは大連やマニラ、ブリスベンなどで実施されるようになったのです。

で、日本語ネイティブではない人のメールを受け取ることも増えてきました。

日本語の助詞や、独特の言い回しの挨拶文・依頼文などは、やはりネイティブの日本人とは少し習熟度がことなります。

しかし意味は十分通じる。(時々二重に意味がとれるときもあったりしますが)

そして、実はがんばって日本語を使ってくれていることに対して、好感をもち、尊敬もする。

そんな日本語を見たとき、はたと、自分の英語ってネイティブの人にはこのように見えるんだな、という思いにいたったわけです。

そう考えると、イチイチ細かい表現にこだわって本来の目的とはことなるところにストレスを持ったり、上から目線になったりすることに対しては、実はちょっと恥ずかしいこと何じゃないかな、って思うようになりました。

もちろん必要に応じて、伝え方に配慮しながら訂正することは必要かもしれませんが、表現をひとつ間違えたくらいで、対応を変えたりするというのはあるべき態度ではないですよね。

言葉は変わっていくものでもあります。「正しい日本語」ってやつも時代とともに変わって行きます。

実際に「パネラー」という表現をググってみると、「パネリストと同義の和製英語」という解説があったりします。

英語圏の方と話す時にパネラーが和製英語であることさえ知っていれば、日本語の中で使うことは問題ないわけです。また、そのうち再輸出されてパネラーが英語の辞書に載る日も来るかもしれませんしね。

今日はハロウィーンに一番近い週末。

自宅の近くを通る、ハロウィーン仮装行列をみながら、中2の娘が「レイヤー」と言っていたのが分からず、問いただしたとき「コスプレイヤー」の略だと解説してくれました。

コスプレも和製英語。調べたら、Cosplayは逆輸出されて英国の辞書に載っているらしいです。

コレをキッカケに、言葉について考えてみた週末でした。

みなさんはどう思われますか?

f:id:eitarokono:20181028171615j:image