報われなかった努力を思い出すのは辛い

こんにちは。

いやー、今までよく失敗しました。

ひょんなことから、過去の自分のキャリアを思い返す機会がありました。

いや、いっぱい失敗してきました。

軽い失敗はあまり覚えてませんが、一生懸命やったことでうまくいかなかったことって、すごく覚えています。

ふとしたキッカケで、そのいくつかの失敗のシーンが鮮明に記憶が蘇り、ため息が出たり顔をしかめたくなるような感覚になったり。

多くの場合時間が経てば痛みは和らいできますが、直後は血圧や脈拍にも出ますし、眠れなかったり人を恨んだりさえします。

新しい事業の立ち上げや、肝いりのチームを任されたことも何度かあります。

それぞれでうまく行ったこともあれば、うまくいかないこともありました。

長い時間や労力を注ぎ込み、私生活を犠牲にしてたりやキャリアをリスクにさらしてやったことって、うまくいくと本当に嬉しいものですが、そうでなかった時は、むちゃくちゃ辛いです。

「あの時、ああすればよかった」と後悔することもたくさん出てきます。

その中でも究極の後悔は「あんなチャレンジ、しなければよかった」というやつです。そもそも、チャレンジしなければ失敗しませんからね。

そのチャレンジのために使ってしまった時間を、別のことに当てていれば、もっと充実したキャリアが築けたのではないか、と思うこと何度もあります。

チャレンジやめますか?やめられません。

では、チャレンジするキャリアをやめますか?と言われたら「はい、そうですね」というわけにはいかないのが自分の性分です。

どうやらナチュラルボーンらしく、保守本流で、ひとところに着実にということがどうしてもできないタチです。

自動販売機でも左上側のメジャーな飲み物には手が出ません。

下の端の方にある、新しく発売されたばかりの変わった飲み物のボタンを押してしまう性分なのです。

チャレンジ無駄ですか?無駄じゃないです。

一方で、失敗してきた期間が全く無駄であったか、というとそうでもないのです。

当たり前ですが、全く同じ失敗をしないように努力します。

だから同じ「ような」失敗はしたとしても、少しだけレベルの高いところで失敗しています。

要するに痛い目を見て、それなりに学んでいるわけですね。

だから、チャレンジすることは本当に重要です。言い方を変えれば、そんなに必要度の高いものだから、チャレンジが特別なことであっていいはずがありません。

選ばれた人たちにしか与えられないチャンスでもないし、常に血の滲むような、髪を振り乱すような状態なわけでもない。

例えば、ほんの少し今とは違ったことをやる。今まで温めていたアイデアをまず実行してみる。新しい人と接点を持ってみる。そんなことの積み重ねでも十分チャレンジですからね。

言ってみれば普通の、当たり前のことなのです。

とはいえ学ぶためだけにチャレンジしているわけではありません。成功するためにチャレンジしてるんです。

だから「いろいろ学べたから、このチャレンジはよかった」では、一生秘密兵器で終わってしまいます。

失敗を経験しながらも、同じような失敗を減らして成功への精度をあげて、目指すものに近づいていくことがポイント。そうすれば、次のチャレンジの成功確率が上がったり、より高いレベルでのチャレンジへの意欲に繋がったりするわけです。

実際に僕自身を振り返ってみると、辛い経験の一つ一つが今に繋がっていて、新しいチャレンジをする上でも様々な形で活きています。

…というような考え方のもと、今までの自分自身のキャリアの辛かった失敗の記憶を前向きに捉えるようにしているわけです。

皆さんにも、そんな経験あるのではないでしょうか?

f:id:eitarokono:20180520195055j:image

パレスホテルでの朝食会・ニューオータニでの昼食会 〜ミッション・ビジョンの重要性を再認識他〜

こんにちは。

先週は、仕事で二度にわたりホテルでの食事会に参加しました。

それぞれ朝食会と昼食会で、どちらも日本の名だたる会社の人事担当役員を中心とする経営層の方々が集まる会でした。

最近、日本でもHR Techというキーワードがかなり盛り上がっています。

従来、「勘と経験」が活きる「アートの領域」として、テクノロジー業界からはラストリゾートと言われた人事の領域でも、AIを中心とするテクノロジーの進歩や、人事の担当の皆様の意識の改革により、とうとうXX Techの流れがHRの中にも本格的に入ってきています。

どちらの食事会も、その流れを明確に感じる会合でした。

中でも3つほど、印象に残るポイントがありました。

①ミッション・ビジョンの重要性

②ジョブディスクリピション(職務定義書)の必要性<そろそろ、本格的に>

③パワーモーニング・パワーランチの意義

です。

ミッション・ビジョンの重要性

働き方も含めて多様性が深まっている昨今の組織において、やはりミッション・ビジョンといった「人が集まるための根本的な理由」の部分に焦点があたっていると感じました。

集まった人たちが組織上のトップであったりシニアエグゼクティブであった、という部分もありますが、新しい働き方や、新しいテクノロジーというテーマでの座談会でこのキーワードが踊る、というところにポイントがあるのではないかと思います。

何か、改革を進めるにあたって立ち戻るポイントが無いと、ただでさえ多様な働き方、価値観、思考を持った人の集団ではバラバラになってしまいますからね。

議論の端々にこの一段高いところの議論がでてきて、凄く印象に残りました。

ともすると「あれはあれ、これはこれ」という形で棚上げされたり、そもそも自社のミッションやビジョンを知りもしない人がいたりする中で、改めてミッション・ビジョンに立ち返ることの重要性を認識したわけです。

ジョブディスクリピション(職務定義書)の必要性

これについては、従来も議論はされてきました。

そして「あったらいいけど、メンテナンスに手間がかかる」「職務を明記して限定してしまうと、他に何もやらなくなる」という文脈で本格導入は先送りされてきましたが、そろそろそれも限界のようです。

ほんのちょっと前は、同じようなレベルの人が集まる場で僕が発言したら「何を言っているんだ。日本の組織にはJDは必要ない」的な反応を受けることが多かったのですが、この1,2年で状況は一変したように思います。

日本の伝統的な大企業の代表のような会社のトップから「役割や責任は明記しないといけない」というコメントが何度もあったのです。

これは従来無かったことです。

今まで日本の職能資格制度は、かなり機能してきました。

何となく大体この辺をやればいい、という定義の中仕事をしてきても、単一人種・単一言語・男性のみ(妻は専業主婦)・新卒一括採用・残業無制限の中では、うまく行くのです。

でも、コレが全部崩壊しました。

センターフライは、外野全員で取りに行くもの!という考え方も通用しなくなったのです。

さらに、AIの時代です。

AIはご存知の通り、「5年目の社員」という言葉だけではその人が何ができるか分かりません。職能的文脈での「課長」が何を求められるのかも理解できません。

誰が何を出来てで、何を求めているポジションかが明文化されていないと、マッチングも難しいわけです。

複数の「時代の要請」から、もう変えられない流れなのではないか、と感じました。

パワーモーニング・パワーランチの意義

最近、朝食やランチの時間も人と会って仕事の話をするコトが増えています。

とはいえ多くて3,4人での会合が普通でした。

が、今回は10人を超える人たちの会合だったのです。

飲み会などでは6人を超えると話題が二つ以上に分かれます。原因はお酒が入っていることだと思うのですが、これはこれで意義のあることだとは思います。

また、お酒が入っているとあまり真剣な議論が長続きしなかったり、参加できる人が限られてしまったり、また、だらだらと長引いてしまったりします。

これが、1時間ちょっとの会合で、最後まで話題が複数に分かれること無く、有意義な議論ができました。

当たり前のように活用している人に取っては当たり前すぎる話なのかもしれませんけど。

これ、自分でも使ってみたいなあ、と思った次第です。

皆さんはどう思われますか?

f:id:eitarokono:20180513221151j:plain

 

十六銀行とIBMの関係の始まり 〜宿帳に50年前の祖父の足跡を見る〜

こんにちは。

エグゼクティブ向け迎賓施設

今年のGWは天城にあるIBM保有のエグゼクティブ向け施設「IBM天城ホームステッド」から始まりました。

f:id:eitarokono:20180430153705j:plain

この場所は、IBMのお客様を中心とする、会社や組織のエグゼクティブレベルの方をお迎えするための施設です。

訪問されたエグゼクティブの皆様は大変喜んでくださることが多く、評判も良いです。サービスは某有名ホテルにお願いしているため、品質も凄く高いのが特徴です。

そして、今年で開所50周年ということでした。

僕自身はIBM生活10年ちょっとなのですが、実はこの施設のことは40年近く前の幼い頃から知っていました。

それは、子どもの頃から同居していた祖父が、晩酌の時によく良い思い出として話してくれたためです。

当時、十六銀行の取締役庶務部長をやっていた祖父が、この施設にIBMから招かれて「たくさん勉強」させられて、そのご縁で20億円だかの稟議を上げてIBMのシステムを発注したということです。50年前の20億円って相当なものだったと思います。

以来、十六銀行IBMの長年のお客様でいてくださいます。

いい意味で、相当印象が強かったようで、何度か聞かされた記憶があります。

同じコースの出席者であったソウル大学の学部長の方と意気投合し、天城からの帰り道は、東海道新幹線のこだまの駅ごとに降りて、居酒屋で酒を飲んで、何時間もかけて岐阜まで帰ってきた、と言っていました。

宿帳に祖父の署名と写真が

IBMに入ってからこの施設には何度も来ることはあったのですが、祖父の足跡を確認できたことはありませんでした。

で、今回天城でイベントを開催するにあたり、主催者として少しだけ早く現地入りした際に、天城の担当者の方に上記のいきさつを話して、顧客データベースはあるのかを聞いてみました。

そしたら、その話を喜んでくれた担当者の方が、過去の宿帳を見せてくれました。

最初は「探したのですが見つかりません」と言われたのですが、祖父の”達筆”は知っていたので自分で探させてもらいました。

そしたらなんと、あったんです!懐かしいクセのある字でした。

日付は昭和45年6月13日。この日付をもとに写真も探し出してくれて懐かしい顔を見ることができました。

ちょっと感動しました。

いま僕がつけている時計は祖父の形見ですので、同じ時計してないかな、と思って写真の袖口を見てみたのですが、ちょっと分かりませんでした。

約50年前に実施された「エクゼクティブのための電子計算組織概説」という4泊5日のコースだったようです。

現代であればさしずめ「CIO向けIT組織経営入門」といったところでしょうか。

業界用語で言うところの「銀行一次オンライン」のまっただ中だったはずで、日本が戦後の荒廃から立ち上がって、さらに上を目指そうとしていた時代のことです。

出席簿を見ると、同じコースに参加した人も錚々たるメンバーが並んでます。(もう機密情報じゃないと思うので写真掲載しますね。)

使命感もあっただろうし、忙しかっただろうし、やりがいもあったんだろうなあ、なんて孫なりに、いろいろ想いを馳せてみました(笑)

語り継ぐために

今、自分自身が中堅からシニアに映りつつある世代にあって、「前世代」「オジサンたち」として旧い世代として扱われたり、「これからの世代」として次の時代の担い手としてあつかわれたりする微妙なポジショニングにあります。

世代論の、ある意味での説得力と、ある意味での空しさを、ここ最近感じることが多くなりました。

若い頃結構、前の世代を攻撃したり、うらやんだりしてました。「高度成長期はよかったよな」「バブル世代はうらやましい」なんて。

一方で、今は後から来た世代からちょっと違う言い方で同じようなことを言われているのを感じたりします。

そんななかで、血縁者のいにしえ(!?)の足跡を見て、これだけは言えると思いました。

前の世代が無ければ今の我々は無い。それぞれの人がその時々に最善の選択をしてきてくれたらから今の自分たちがあるのだ、と。

より良い世の中を作って次の世代に引き継ぐ、というのは全ての世代に求められることなんですよね。

皆さんは、どう思われますか?

f:id:eitarokono:20180430084020j:plain

f:id:eitarokono:20180430083808j:plain

f:id:eitarokono:20180430083845j:plain

f:id:eitarokono:20180430083957j:plain

 

筋肉痛は不快な痛みか

こんにちは。

筋肉痛は心地よい!?

本稿を200回以上書いてきているのですが、「同じことでも人によって感じ方や捉え方が違う」という”認識ギャップ”について、書くこと多いです。

そういうギャップを発見するのが、楽しいんですね。

今回も、ご多聞に洩れず認識ギャップの話題です。

ズバリ「筋肉痛をどう捉えるか」

なんでこんなこと考えたかというと、最近ある人と筋肉痛について話題になったときに、その人が筋肉痛を「不快な痛み」と捉えている様に思えたことがきっかけでした。

なので、念のためどう感じているかを確認したところ「不快である」というのが答えでした。

それどころか「不快に決まっているだろう」という反応でした。

試しに、僕の周りの他の人たちに訊いてみても、どちらかというと不快と感じる人の方が多い印象。(この辺り、実際はいかがでしょうか!?)

これが、僕には新鮮な発見でした。

当たり前ですが今まで、筋肉痛になったことは何度もあります。今でも週に1度程度は筋肉痛になります。

これを不快と感じる人がいること自体が「へー!」って感じでしたが、どうやら大人になると、そちらの方が多数派かもしれないというのもこれまた大きな発見でした。

筋肉痛とは、僕にとっては健康のバロメーターであり、体を動かすことによって発生する成長の証の様なもの。

筋肉痛になっていないと、不安ですらあります。

しかし多くの人にとっては疲労の象徴であり、不快な痛みである、と。

この違いを大へん興味深く捉えました。

そう考えると、体の痛みや発熱をどう捉えるかとか、音や匂い、光や振動などいろんな刺激をどの様に認識するかによって人の行動って大きく影響されるのだな、と改めて感じました。

筋肉痛を肯定的に捉えれば、運動をし続けるという行動に現れます。ときにやりすぎることもあるでしょう。

一方で筋肉痛を否定的に捉えれば、無理な運動を避けて平穏な暮らしを送ることになるはずです。

ホワイトカラーに当てはめると…

こういったアイデアを、ホワイトカラーに置き換えて考えてみるのが僕のクセです。

ホワイトカラーの仕事の仕方にも、認識ギャップありますよね。

よく、働き方改革の議論でも話題になります。

世の中には仕事が苦痛と捉える人がどちらかというと多いでしょう。しかし一方で仕事が好きでたまらないとか、徹夜明けのあの気だるさが快感、という人もいると思います。

大きなイベントが終わった直後にも普通に働く自分が当たり前、という人もいます。

どんどんチャレンジして、失敗する。それを繰り返すことが好きという人もいます。

理由はおそらく、それが自分の成長につながると思えるため、とか、そうしている自分が好きだから、というものでしょう。

そんな人が結構いて、大きな成果を出していたりします。

同時に、周りにも自分と同じレベルの働き方を要求して「人を潰してしまう人」というレッテルを貼られている人もいます。

でも、その人はこう考えています。

「こんなに楽しいのに、なんで仕事しないの?」

「よっしゃー、キタキタ。一緒に朝まで頑張ろう!な!」

言われた方は、感じ方が同じ人であれば一緒に楽しめると思いますが、そうでなければ苦痛以外の何物でもないわけです。

冒頭の筋肉痛の捉え方と違って、チームで動くためには、この認識ギャップは埋める必要がありますね。

じゃあ、どうすればいいか。

じゃあ、どうすればいいかというと…いつもの「基本に立ち返る」というやつです。

認識の違いを埋める方法って、なんでもそうですが、まず話し合いだと思います。

話し合うためには、お互い相手を理解する必要があります。アタマから否定してしまうと話し合いは成立しません。

世の中には仕事が楽しくて仕方がない人もいれば、仕事は苦痛なので、生活さえできれば人生における優先順位は高くないという人もいます。

ただ、お互いを理解した上で、自分の価値観を周りに強制しないことが重要なわけですね。

自分の価値観の周りへの強制というのは、例えば「自分は仕事が楽しいので、周りも同じ様に楽しむべきだ」と考えたり「仕事はあまりしたくない。でも残業代は欲しいし、一番早く昇進したい」などと考えたりすることをさします。

唯一強制される価値観というのは、組織のバリューとかミッション、社会通念上の道徳と言った、多くの人に認められた”共通価値観”的なものだけです。(これが、明文化されてなかったり、環境に応じて変わってくるので注意が必要ですけど)

っていう感じで、少しでも多くの人が相手の価値観を尊重する様になれば、チーム内の認識ギャップは減って、組織やチームの目標達成も円滑に進むのではないでしょうか。

なんてことを考えた今年のゴールデンウィークでした。

(ちなみに、僕は筋肉痛を不快と捉える人に対して、当たり前ですけど筋肉痛を強制する様なことはしません!そういう人がいるのは、初めて聞いたときは意外でしたが、普通にそういうもんだろうな、と思います)

皆さんは思いますか?

f:id:eitarokono:20180506190801j:plain

仕事が早い人は、作業が速い人か?

こんにちは

聖地巡礼?原点回帰?

最近ちょっと仕事が重なることが多くて、もろもろ後手に回るようになってきたなー、と思うことがありました。

「こう言う時は、基本に立ち返るべきだ!」と思い、自著をパラパラとめくってきました。

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ

すると、Chapter. 1の4項目に「早め早めにチェックを受ける」というタイトルがありました。

「お!」と思い、読んでみるとなかなか良いこと、言ってます。

Chapter.1は「報連相のコツ」がテーマなので、「作業者の立場の人」を主人公に想定して、この人がどういうタイミングで上司とコミュニケーション取れば良いか、という立て付けで書いています。

方向性が変わる前になるべくチェックを受けろ、とか、悪い話は早めに耳に入れて対処方法を相談せよ、ということです。

ただ、これって現場作業者だけにいえることではありませんね。

逆の関係(リーダーからメンバーへのコミュニケーション)であってもそうですし、依頼主とそれを受けた側の間のコミュニケーションにも該当します。

必ずしも作業自体のスピードは問われていない

仕事が早い人(短期に仕事を終えられる人)というのは、どういう人か、という問いに対しては、つい

  • 「キーボードを早く打つ人」とか
  • 「調べ物をしなくても、知識が膨大にあって探さなくていい人」
  • 「頭の回転が速くて判断が早い人」

というように、作業そのもののスピードが速い人を想像しがちですが、現場では必ずしもそういうわけではありません。(もちろん、無関係ではありませんが)

多くは、

  1. 「無駄なことをしない人」
  2. 「手戻りが少ない人」
  3. 「問題を大きくしない人」

です。

自動車で例えるなら特に、F1のようなとんでもないエンジンを積んでいる必要はなく、通常のエンジンでいいわけです。

ただ、必要な時に動き、早めに軌道修正しながら正しい道を選ぶことさえできれば。

F1のエンジン積んでても、間違った道を猛スピードで突き進んだり、直ぐにこわれてしまっては意味が無いですからね。

これを、ちゃんとやってさえいれば、小型乗用車のエンジン相当の作業能力でも、相当早く仕事が終わるわけです。

「今日の1分」は明日の5分、明後日の50分、来週の5時間

で、冒頭触れた「早め早めにチェックを受ける」に戻ります。

ここでは、早めにチェックを受けるためには、着手は早めにする必要があります。

が、ついついものごとを先送りにしてしまうのが人間の性。

依頼を受けた時にさらっ、とやっておけば、1分の作業で済んだものを、放置していたため、相手の期待値も膨らみ、イライラもたまります。

中には反応が遅いことそのものを「問題行動」としてあちらこちらに触れ回る人も多いでしょう。

翌日には丁寧な返答文を書く必要ができて5分の作業になり、2日後には上司を巻き込んで50分、翌週にはちゃんと事態を整理した資料を作成して5時間かけて関係者への説明にあたらなければならない、ということになりかねません。

1分と5時間は300倍。とてつもない差です。

そして「5時間のおおごと」にしてしまうと、多くの場合周りの人がその対処に巻き込まれます。

他人の時間を、本来は発生しなかった、無駄とも思える尻拭いの仕事に巻き込むのは、他人の人生を削っている行為に近いですよね。

ただ、直ぐに対処すれば良かっただけなのに、他人の人生を縮めてしまうなんて...

自戒を込めつつ。こんなことを考えた週末でした。

皆さんはどう思われますか?

f:id:eitarokono:20180423052409j:plain

 

立花岳志さんの『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』を読みました

こんにちは。

今回は書籍の読後感です。

久々の読書

上場企業で働く会社員にとっては、魔の四半期末が終わると束の間のリラックスタイムが来ます。

ゴルフに行ったり先送りしていた友人との会合に使ったり、家族との時間に当てたりする人も多いでしょう。

溜まっていた本を読む時間に当てるという人も多いと思いますが、僕もその一人です。

四半期末の3月23日に上梓されたため、少しの間とっておいた、立花岳志さんの書籍を拝読しました。以下のリンクご参照。

 プロブロガーとして活躍する立花さんとの接点は、僕が書籍を出版したばかりの時に何かの会合でご挨拶する機会を得たことです。

それ以降ブログやSNSをフォローして色々参考にさせていただいているという関係です。1,2年に一度お会いする機会も持たせていただいています。

普段主に会社員として働く身としては、ネットを軸にピンで働く人との接点はどうしても少なくなるのですが、彼をフォローしているだけで違う世界を垣間見られるという意味で、非常に刺激を受けています。

「習慣化」「テクニック」「メンタリティ」

もともと、この本を読むにあたっての僕の課題意識は、自分の発信活動をより良いものにする、ということでした。

自分自身の発信活動については、信念を持って淡々と続けているものの、もっと良くできるように思うのですが、どうしたらさらに良いものになるかについて、いまだに試行錯誤中なのです。

その意味では、参考になる点が多々ありました。

この本のキーワードを3つあげろ、と言われたら僕は次の三点をあげます。

  1. 習慣化
  2. 発信テクニック
  3. 発信する上でのメンタリティ

「1. 習慣化」については、著者の立花さんは、かつてご自身を変えるためにランニングとブログを始めて、それを習慣化し、大きく人生を変えたターニングポイントの経験が背景にあります。

この点は、僕は新しい発見があったというよりは、自分自身の経験を確認させてもらえるお墨付きのようなものを得たな、という感覚を持ちました。

僕の1冊目の書籍の中で、名言サイトなどでよく引用されているフレーズの中に「継続は力だが、力な必要な努力は継続しない」というものがあります。

それと同じコンセプトが何度も出て来ました。

ハードルを下げ、継続を優先する。そこには、これまた僕の主張でもある「目的合理性の追求」とも通じるものもありました。

そして「2. 発信テクニック」についてが、僕にとっては新しい情報でした。

SNSやブログを活用する上でのテクニックで、「え、そうだったの!?」ということが何度も出て来て、今までちょっと色々無駄なことして来たかな、と思ったポイントがありました。

まあ、これから改善していきます。

3点目の、情報発信する上での「メンタリティ」も大いに参考になった点です。

ここは「2」と違って明日からすぐに改善に入る、というよりは少しずつ変えて行くのかな、という種類のものだと思います。

「立花さんの言う通りなんだろうな」と納得はしつつ、まだまだ抵抗がある部分でもあるので(会社組織に所属しているからでしょうか)、少しずつ改善していければと思いました。

具体的な内容にまで触れると、ネタバレになってしまうので避けますが、情報発信活動を進めていきたい人とか、現在の自分がなんか停滞している感じがするな、という人はぜひ手に取ってみていただくと良いのではないかと思います。

何よりも読みやすい

そうそう、あと、同じ書籍を出版する立場の者として大きく印象に残ったのは、文章の読みやすさです。

実はこの本、300ページくらいある書籍です。通常ビジネス書カテゴリーの書籍って200ページくらいなのです。

だから最初は、驚きました。書く側としても読む側としても。

でもそれは杞憂でした。

何と言っても毎日何千字もパブリックに発信している人です。文章書きなれておられるんですね。とにかく読みやすい。全然負担感が無いです。

ご本人によるとこの倍以上書いたものを凝縮してこの分量に収めたようです。

普段から「文章筋肉」がついている人だからこれくらい書いても平気なんでしょうね。

そんな面からも刺激を受ける本でした。

いかがでしょう、皆さんも手にとってみては?(四半期末になる前に!)

 

100の目標4半期チェックポイント Met: 8/On Track: 15 

こんにちは。

f:id:eitarokono:20180408182151j:plain

今年も第1四半期が過ぎました

年の初めに年間目標を立てました。これは2015年からやってます。

eitarokono.hatenablog.com年間を通じて達成するものですので、抽象度が高いため、昨年から同じカテゴリーで少し細かく100の目標を立ててみました。

その中にも書いてあるのですが、100個たてたので全部覚えきっているわけではありません。ちゃんと思い出すためにも中間振り返りではなく四半期で振り返ってみようかな、と思いました。

まず、どんな四半期だったか、というと...

総合的には、んー、それなりに走ったつもりですが、これだ!というアピールができる成果は現時点で挙げられていません。とはいえ将来に向けた布石は打ててはいます。

100の目標の達成度合いで言うと、

  • 第一四半期で達成した項目は8項目
  • 経過順調なのが15項目
  • 現時点で測定不能なものも含めて未達成が77項目

でした。

IBMのビジネス面では学ぶことも非常に多くありました。

脱力することや怒り狂うこと、悔しくて仕方ないこともたくさんあった四半期でした。

だれだって同じだと思いますが、次から次に降り掛かってくる困難に全力で対処しているうちに知恵を使って工夫します。
だから当然考え方もいろいろ変わってきています。それを僕は今のところ成長ととらえています。

自分の会社(株式会社Eight Arrows)のビジネス面でも変化を加えてこられました。

グロービスでは新たなコースをもったりパートナーファカルティになったり。

また、発信活動では下記のような新しい連載を持ったりしてます。

www.kyoritsugroup.com

ブログも定期的更新は続けられています。

家庭生活の面では、子どもたちの思春期への対応が少しずつうまくなっている(って言うのかな?)とは思っています。

そして、個人生活の面では、健康面については特に風邪を引くわけでもなく淡々と体づくりはできています。昨年秋に病気をした直後から5キロほど体重を増やしましたが大半筋肉と信じています

小説を読んだり映画を見たり、競技会に出場したりという目標も立てているのですがそのあたりもOn Trackで来ています。

それぞれの目標を達成することは、当然継続して追求して行きたいです。

残りの3四半期は今まで以上に新しいことへの行動を増やして行きます。

そのためには、人と会う回数を増やし、そこを軸にインプットも多くしたいと考えています。そしてここに書けるような具体的な形にできたらいいなあと思っています。

企画段階から具体化、ということですかね。

目標を立て、振り返ることの意義

毎回、自分で振り返って思うのですが、目標って立てることも重要ですが、振り返りってすごく有意義だと思います。

目標そのものを思い出したり、年初に自分が希望に満ちて考えていた初心を思い出したりすることができます。

そして何よりも自分の成長・変化についても確認することができます。

まずは皆さんも目標を立てて、振り返ってみてはいかがでしょうか。